着物の手入れと収納方法

着物 手入れ 収納方法

着物のお手入れ方法や収納方法をご紹介します。

お手入れ方:脱いだらすぐ陰干しを!

着物の手入れ

着物は脱いだらすぐ着物ハンガーに掛け、半日ほど陰干しし、湿気を取ります。同時にシミや汚れの点検も行って。
見つけたら糸で印を付け、具体的な汚れの原因を説明し、悉皆屋(しっかいや)や購入店などの専門店に頼みましょう。素人判断の処置は、かえってシミを広げてしまうことがあり、何もしない方が懸命です。

【シミが無い場合】

①ざっくりと簡単に二つ折りにし、ホコリを落とします。目の粗いタオルを15cm角に畳み、上から下にブラッシングするようにしましょう。

②次に、ファンデーションや油脂などの油性の汚れをベンジンで落とします。できれば、乾きの遅い「リグロイン」がおすすめ。ムラになりにくく、輪ジミ防止につながるからです。薬局かインターネット通販などで購入できます。落とす時はタオルを2枚用意。タオルの上に着物を置き、ベンジンを染込ませたもう1枚のタオルでたたくと、下のタオルが汚れを吸い取るというわけ。特に衿回り、裾、袖口など、汚れやすい所は念入りに。部屋の換気にも十分気をつけて。
続いて、汗などの水性の汚れを固く絞ったタオルで同様にたたき、汚れをタオルに移しとります。

③シミのチェックと汚れ取りが終わったら、着物ハンガーにかけて、再度湿気を飛ばしましょう。

【洗いに出す場合】

着物の汚れが目立つ時は洗いに出します。購入した呉服屋さんか、シミ抜きや丸洗い、洗い張りなどを請け負う悉皆屋に頼むと安心。一般のクリーニング店に頼むときは、着物に詳しいかどうか確認を必ずしてからお願いしましょう。

【シミがついた場合】

専門のシミ抜きに出せば、たいていは落ちるもの。何のシミが、何時付いたのかを伝えることが肝心です。
落ちにくい紅茶、緑茶、泥はねは、脱いだらすぐにが鉄則。市販のシミ抜き剤などを使って自分で処理すると、生地を傷めたり、シミが酷くなる場合があるので注意を。購入した呉服屋や悉皆専門店などに一度相談してみて。

長じゅばんの手入れ

脱いだら、着物と一緒に半日ほど陰干しし、着物と同様に汚れを落とし、着物ハンガーに掛けて干します。

【長じゅばんを洗う】

素材がポリエステルの場合、陰干しとベンジンのケアをすれば、4~5回は着用可能。汚れたらワイシャツ大に畳み、目の細かいネットに入れて「デリケート洗いのコース」などで洗うと良いでしょう。絹は専門店にお願いするほうがやはり無難です。

帯の手入れ

帯は温もりの残っているうちにたたくようにしてシワを伸ばし、着物と一緒に半日ほど陰干ししましょう。汚れてしまったら、専門店に相談を。

帯締め

着物などと一緒に半日ほど陰干しを。汚れやすいのは、結び目と両端。ここを念入りに確認し、汚れていたらベンジンを含ませたタオルに汚れを移し取り、乾燥させます。

帯揚げ

ほどいたら、着物などと一緒に半日陰干しを。

半衿

普段は長じゅばんに付けたまま、ベンジンで拭くだけでOK。汚れたら外し、絹ならシルク用洗剤で手洗いし、柔軟仕上げ剤を使います。陰干し後にあて布をして、低温でアイロン仕上げを。
ひどい汚れの場合、ポリエステル素材なら、洗剤をつけ、歯ブラシでこすって部分洗いを。その後、ネットに入れて洗濯機で洗います。脱水は短めにし、少し湿り気が残っているうちにアイロンがけを。手刺繍の半衿は、基本的に洗濯は不可。専門店に頼みましょう。

下着類の手入れ

肌襦袢、裾よけはすぐに洗濯機で洗います。
足袋は脱いだらすぐ、洗剤を溶かしたぬるま湯に20~30分浸け置きし、つま先など汚れのひどい部分を歯ブラシなどでこすり落とします。それでダメなら洗剤を直接すりこみ、もみ洗いを。干すときはシワを伸ばし、コハゼの反対側(かけ糸の部分)の先を洗濯ばさみではさみます。

履き物の手入れ

【草履の場合】

前つぼ(鼻緒の中央部)など、汚れがたまりやすい部分を拭きます。エナメルの草履は専用のクリーナーを。布地や畳表のものは、目に沿って柔らかい布で乾拭きします。

【下駄の場合】

塗りの下駄は固く絞った雑巾で拭いた後、乾拭きを。白木は、先に柾目に沿って泥を歯ブラシなどで落とし、乾いたタオルで目に沿って拭きます。

整理と収納方:防臭防虫と乾燥剤の活用を

畳紙・・・着物や帯などをしまうのもで、サイズもいろいろ。表には、入っている着物の種類や素材、色柄を書いておくと探す時に重宝。

着物や帯の収納

畳紙に包んで収納を。着物の素材で、もっとも虫がつきやすいのがウール。ウールと絹は別の引き出しに収納しましょう。帯も、ビニール袋ではなく、畳紙に。
ベストは収納場所は、桐箪笥。代用で整理ダンスを使うときは、着物専用の無臭防虫剤をキチンと入れること。防虫剤は混合すると化学反応を起こすため、1種類だけにして。金銀箔や金銀糸は防虫剤に反応して変色することもあるので注意が必要です。
また、整理ダンスや押入れに収納する場合、乾燥剤を入れるなどして湿気対策も抜かりなく。

帯締めの収納

両端の房は向きを整え、汚れを防ぐために半紙でまきます。房が乱れていたら、アイロンの蒸気を房の先から当てて伸ばすと良いでしょう。
房の手入れが終わったら帯締めを何本かまとめて布でくるむか、箱に収納します。箱は湿気のこもる金属性はさけ、紙の箱がおすすめ。乾燥剤は布でくるみ、直接ふれないように。

帯揚げの収納

長辺を二つ折りにし、輪になった側からクルクルと巻いていけば、織りジワの心配はありません。二つ折りにしたところは、お太鼓の中に隠れるので気にしなくても大丈夫。または、引き出しなどの箱の大きさに合わせて折って、しまう方法もあります。

草履や下駄の収納

収納はよく乾かしてから。和紙で包むとホコリよけになりますが、年に1回は交換を。保管は湿気の少ない場所を選んで。下駄箱にしまう場合は、割り箸の上にのせて裏の湿気を取る方法もありますが、市販の湿気取りを利用すると手軽です。

コメント