着物の収納方法!

着物 収納方法

着物の収納方法についてまとめてみました。
是非参考にしてくださいね。

着物 収納方法

  • 着物や帯は湿気を嫌う 収納では除湿を心がけて
  • 桐だんすや桐箱が理想 衣装ケースや紙ケースでも

着物や帯の数が増えるにつれ、頭を悩ませるようになるのが収納方法や保管法です。
着物にとって理想的な収納法は、桐だんすや桐箱にしまうこと。桐材は調湿性があって、湿度を低い状態に保ち、防虫効果もあります。桐材の引き出しやチェストなど、ベッド下やクローゼットに入るサイズもあるのでチェック。

もちろん合板のタンスでもいいのですが、湿度が高くなりやすいので除湿剤や乾燥剤などを使う必要あり。手に入りやすいのは、洋服などにも使われているプラスチックの衣装ケース。
これもときどき風を通して除湿することが必要。底の浅いダンボールケースでもいいでしょう。

クローゼットなどに掛けっぱなしにすると、型崩れにもつながるので気をつけてください。
着物にとってよくない環境におくと、生地が悪くなったり、虫がついたり、カビが生えたりして着物を傷めます。着物を長持ちさせるためにも、収納や保管には気を配りたいものです。

桐だんすや桐箱

除湿、防虫効果がある桐。家の北側など湿気のある場所に設置する場合、除湿シートなどを底に敷いて使う人も。

衣装ケース

衣装ケースに保管する時は、除湿剤をいれて使う。時々出して、ふたや引き出しを開けたりして風を通して除湿する。

桐材のチェスト

ベッド下に入れるチェストは、浅めなのがうれしい。深いものに着物を何枚も重ねて収納するとシワができたり、型崩れを起こしたりする。

ラック

ラックは通気性がよく、どこにでも配置できて自由度が高い。クローゼットに収めてつかっても○。小物類の収納スペースにもしても。

知っておきたい収納小物

除湿シート

衣装ケースや合板たんすなど、湿気がたまりやすい場所に敷いて使う。サイズも形状もさまざまあり、収納スペースに合わせられる。

着物専用保存袋

湿気やカビから着物を守ってくれる専用の保存袋。たとう紙で包んでから収納するなどタイプはいくつかある。保管場所を選ばないのが良い。

たとう紙

着物を包んで保管する紙。和紙で出来ているものは通気性がよく、着物を湿気から守る。長期保存で変色した場合は、和紙が着物の水分を吸っているので交換を。

除湿対策はしっかり防虫香は天然素材に

洋服収納時に使うような防虫剤は、着物に使いません。正絹には虫はつきませんが、ウールの着物には虫がつくので分けて収納。また、湿気対策をしないとカビなどの原因にも。着物を収納する時は、乾燥剤や除湿材がかかせません。また、防虫香を使うときは天然素材のものが安心です。

お手入れ・収納 お悩み解決!

Q.着物は虫干しが必要ですか?
A.着物に風通しをして湿気やカビ、虫の害を防ぐのが虫干しです。頻繁に着ない訪問着や喪服、長期間保存している着物は虫干しが必要です。虫干しは湿気の少ない乾燥した時期に行うのが理想。虫干しに適しているとされているのは、7~8月、10~11月、1~2月(寒干し)とされます。10時くらいから15時くらいまでに、必ず陰干しで行います。住居の問題もあり着物を広げて干すことが難しい場合は、押入れタンスの扉やタンスの引き出しを開けるなどして、風を通すようにしましょう。虫干しが出来ない場合は、乾燥剤を利用すると良いでしょう。帯も着物と同じように虫干しが必要です。
Q.着物と洋服は一緒に保管していいの?
A.正絹の着物には虫はつきません。でも、洋服などと一緒に収納や保管をする場合は注意が必要。ウールなどには虫が寄ってくるので、それが着物についてしまうということも。ウールの着物とも一緒に保存しないように。
Q.帯締めの房がボサボサになったら?
A.やかんに湯をわかして房を湯気に近づけ湿らせ、手のひらで包み込むようにするとボサボサが直ります。房を傷めないように和紙などで包んで収納しておく方法もありますが、市販の房カバーが便利です。

着物の収納方法 まとめ

いかがでしたか?

今回は着物の収納方法についてまとめてみました。着物は普段着るものは良いのですが、長期保管になると手間やスペースの確保など大変なこともたくさんあります。次にきる予定がないような着物であれば、収納よりも着物買取業者に売るという選択肢もあるので、一度無料の電話相談や無料査定をしてはいかがでしょうか。

>>着物買取無料相談はコチラ

コメント