着物【反物】の買取相場は?高く売るコツ!

着物 反物 買取相場

着る機会がない着物を売りたいと買取業者を探す方はいても、反物も買い取ってくれることを知る方は少ないようです。実は反物も売ることができます。では、反物を売るとしたら、どれくらいの値段で買取ってもらえるのでしょうか。そしてどんな反物が高く売れるのでしょう?今回は、反物の買取相場や、反物についてまとめてみました。

反物とは?

反物とは大人用の和服・羽織の一着分を仕立てる為に必要な布地のことをいいます。
これは一反ずつ巻物になって販売されています。

一反は、きもの一着分の用布で、幅36cm、長さ12mぐらいに織られたものが標準です。着尺、羽尺、長襦袢(ながじゅばん)地、帯地、袴(はかま)地、コート地、夜具地などをいいます。また、胴裏や裾回し、羽裏などは、一反にみたないですが、やはり反物といいます。反物は、かつて、租税[調布・用布]として納めたので、早くから寸尺の規定がありました。時代により、その寸尺は、時折改定されていました。

反物の相場はいくら?

反物といっても様々な種類があります。状態や品質によって大きく値段が変わるため「反物は1反あたり○万円です」のような絶対的な金額をお伝えすることができません。安ければ1万円程度のこともありますし、高ければ100万円を超えることさえあります。
反物も着物と同様に有名な絵師がデザインしていれば高値になりやすいですし、素材によって値段も変わります。

査定をしてもらうまでははっきりとは価格がわからないというのが正直なところではありますが、一般的には1反あたり相場10,000円~30,000円の値がつきやすいと考えておきましょう。

ただし、反物でも高価な織りになると、相場1,000,000円を超える値がつくものもあります。

買取に出す反物の適正な値段を知るには、実際に買取業者に査定してもらわなければ正確な値段を算出できないことが反物の特徴であると覚えておきましょう。

逆にいうと、反物の状態をまったく見ずに、電話だけで「反物1反で5,000円で買い取ってますよ~」なんて値段を決めてくる業者には注意してください!家具や家電であればだいたいの値段は電話で決められますが、反物に関しては電話だけで値段を決めることはできません。
電話の会話だけで値段を提示する買取業者は悪質と考えてもよいと思います。

自宅のタンスに眠っている反物は、高額な買取価格がつけられる可能性は十分にあります。専門家に実物を無料査定してもらったうえでて最適な買取価格を提示してもらいましょう。

買取価格が高くなりやすい反物の特徴

反物は古くから着物地として利用されてきた歴史があり、その素材は大きく分けて3種類あります。

・絹(シルク)
・木綿
・麻

麻は値段が安いため歴史的に農村部の人々によく着られていましたが、染色しづらいため商業的に広まってはいません。高い買取価格を期待することはできませんが、麻の反物をもっているということはないでしょう。それなので「反物の素材がなにかわからないけど、麻だったらどうしよう」と心配する必要はありません。

木綿の反物は安価に手に入りやすく、日常的に着物を着用する機会が多い人に利用されることがあります。木綿の反物は手頃な値段で手に入ることが多く、麻ほど安いとは言わないまでも、買取査定に出しても高い値段がつくことは期待できません。

絹の反物は最も高い買取価格を期待することができます。着物を日常的に着る人が少なくなった現代では、冠婚葬祭などの特別な場面で着物を使用することが多いです。そのため、生地の値段が高い絹で着物を仕立てたいと思う人は多いと考えるのが自然でしょう。

呉服屋がセールをしていて絹の反物が15万円程度で売っていたから、娘の結婚式用に購入しておこうと考える方もいます。着物になる前の反物が高級な絹で作られている可能性も十分にあります。自宅に眠っている反物が高級な絹で作られていると期待してもよいでしょう。

証紙がついた反物は高額になりやすい

反物の素材でもっとも高く買取価格をつけてもらえる絹ですが、その証明が記載されているとさらに値段は高くつきやすくなります。

反物の素材や製造者を証明する「証紙」という紙がついている反物は高価な可能性が高いです。この証紙に「真綿100%」などの表記があれば絹を主な素材として製造されています。

真綿という表現が聞き慣れないかもしれませんが、真綿とは絹(シルク)のことを指しています。木綿と同じように「綿」という文字がつくので素材を勘違いしてしまいがちですが、真綿は高価な素材です。「綿と書いてあるから安い素材かなぁ」と勘違いしないように気をつけてくださいね。

また、この証紙には「無形文化財」や「大島紬」のような表記がされている場合もあります。製造者や銘柄についての証紙がある場合、よい評価をしてもらえる可能性がグンと高くなりますよ。

こちらの証紙がついた反物は高値がつきやすいです。

・本場結城紬
・久米島紬
・本場加賀友禅

反物を高く売るコツ

着物と同じで絹素材は傷みやすく、傷ませてしまうと査定相場が下がってしまい買取してもらえないこともあります。

できるだけ高く売るには常に綺麗に保管しておくことが重要です。

いつかは売ろうと考えているようであれば、綺麗なうちに早めに売っておくのもいいでしょう。

もし既に傷んでしまっているようであれば、100%売れるとは限りませんが着物や反物のリサイクルサービスを行っている店など相場のことを把握した店で相談することをおすすめします。

反物売却のタイミング

従来、反物は年間を通して安定した価格を示すケースがほとんどなので、いつが高く売れるということは特にありません。ただし、反物は長く保管しておけばおくほど、劣化する可能性が高くなります。
売るつもりがあるのならなるべく早く、というのが率直な高価買取のポイントになります。
とくに、正絹の反物は傷みやすいので、思い立ったらすぐに査定を依頼するくらいが適切なタイミングです。

あと、近年、着物買取の相場価格は上昇傾向にあると考えられます。それは海外からの旅行者向けのおみやげとして着物や反物を使用して製造した製品が人気を獲得しはじめているから。

2020年の東京オリンピック開催に向けた海外からの旅行者も増え、外国人に人気なおみやげの素材として反物が使われており、外国人旅行者も増えている今は反物の市場価値が上昇傾向と考えることができますよね。

ですので、やはり反物を売りたいと考えているなら、なるべく早目に無料査定をしてもらうことをおすすめします。

反物買取におすすめの店

バイセル

バイセルは専門の鑑定士が無料査定をしてくれる鑑定ショップです。

著名作家による着物査定の実績が数多く、反物を申し込む際にも相応しいでしょう。

反物に関しては汚れがあるものなど、傷みがあっても査定してもらえるというメリットもあるので、保管状況に自信が無い方にもおすすめ。

送料無料。万が一金額に納得できなかった際は返送料も無料で安心ですよ。

コメント