お宮参り着物 男の子と女の子の違いは?

お宮参り 着物

お宮参り(初宮参り)とは?

無事に生後1ヶ月を迎えられた感謝と、健やかな成長を祈願する初宮参り。
地域によって風習は異なりますが、一般的に男児は生後31日か32日目、女児は32日か33日目に行い、産後間もない母親に代わり、父方の祖母が赤ちゃんを抱いて参拝することが多いようです。
現在は両家の家族がそろい、生後1ヶ月を目安に、都合の良い日取りに行う傾向があります。

お宮参りの着物とは?

赤ちゃんには産着の上に掛け着を着せます。
掛け着は一つ身という裁ち方で、3歳の祝い着である四つ身に仕立て直すことが出来ます。掛け着には背縫いはなく「背縫いのない着物を着ると魔物が憑く」と信じられていたことから、昔は一つ身の背には背守り、背紋と呼ばれる飾りをつける風習がありました。

お宮参り着物:男の子の掛け着

男児の衣装は、産着に五つ紋の掛け着を着せます。掛け着は婚家の家紋を五つ紋につけた、めでたい柄の熨斗目模様、または黒羽二重の紋付が正式です。最近は黒や紺、紫、白地を使いこともあります。柄は昔ながらの鷹や兜のほか、縁起がよく男の子らしい昇り鯉や宝船などが主流のようです。

お宮参り着物:女の子の掛け着

男児と同様、産着を着せた後に綸子や縮緬地に、おめでたい柄である吉祥文様や花柄の友禅模様の華やかな掛け着を着せます。地域にもよりますが、男児の掛け着には必ず五つ紋を付けるのに対して、女児の掛け着は入れないことのほうが多いようです。最近は色も柄も多様多種になりました。

お宮参りのマナーとは?

お宮参りの際、しきたりやマナーはあるのでしょうか。大人の服装や参拝の仕方、祈祷料など知らないと恥ずかしいポイントについて確認していくことにしましょう。

大人の服装

以前は祖母やママの服装は黒留袖が一般的でしたが、和装なら無地の一つ紋や訪問着、小紋の着物を着る方が増えています。最近はスーツやワンピースでお参りする人も多く、服装にとらわれる必要はありません。家族と相談しバランスを考えて服装を決めてください。男性は、スーツが一般的で男女ともにレンタルする人も増えてきています。

お宮参りの仕方

お宮参りの際は、父方の祖母が赤ちゃんを抱いてお参りするのが一般的です。これは、昔は出産が出血によりけがれたものと考えられていたためや、産後間もない母体を考えてのことといわれています。つまりはけがれていない人であれば誰でも良いということになります。つまり赤ちゃんを抱くのは母方の祖母や祖父、パパ、ママでもかまいません。家族の都合に合わせて誰が抱くか話し合いましょう。

お参りの方法は普段の参拝と特別変わりはありません。神社などでは、まず境内の手洗い場で手を洗い口をすすいで、神前に進む。おさい銭をあげ、鈴を鳴らし、2礼する。その後、大きくかしわ手を2回打ち、1礼。「2礼2拍手1礼」と覚えましょう。初詣などでも同様です。ニ拝二拍手一拝とも言います。

通常のお宮参りでは、家族で近くの神社にお祝いの参拝をするだけでも十分ですが、きちんと作法にのっとったお宮参りを行う場合には、神社に予約して神職に祝詞(のりと)をあげてもらいます。

お宮参りの初穂料・神社へのお礼

お宮参りの初穂料はいくら?

神社へのお礼として渡す初穂料・玉串料の金額に困ったら、お宮参りの祝詞(のりと)を予約する時点で社務所に費用を尋ねるのが確実な方法です。
お宮参りの初穂料の相場(金額の目安)は地方によっても異なりますが、だいたい五千円程度でしょう。(初穂料、玉串料いずれでも可)

お宮参りの費用、お宮参りのお礼

神社によっては、お宮参りのあと、お守りや縁起ものなどをおさがりとして下さる場合もあります。そうした場合は祈祷料として10,000円くらい必要です。

神社へのお礼・初穂料は誰が支払う?

お宮参りの神社へのお礼・初穂料は誰が払うかの決まりはありません。
両親と赤ちゃんだけのお宮参りのときには両親が払うこともあります。
祖父母が同行する場合には父方・母方いずれかの祖父が初穂料を出すこともあります。

例えば祝い着を母方の実家で用意した場合、神社への初穂料やお祝いの食事会の費用を父方の実家が持つなど、両家で話し合って決めます。

コメント