七五三の着物買取相場は?高く売るコツ!

着物買取 相場

子供の為に新調した思い出のある七五三の着物。出番を終えるとずーっとタンスに保管している方も多いのではないでしょうか。このままずっと眠ったままの着物を長く手間をかけて保管するなら、着物買取へ売るのも選択肢の一つです。今回はそんな七五三の着物の買取についてまとめてみました。


>>七五三着物 買取問い合わせへ<<

七五三の着物

七五三の由来は、天和元年11月15日(1681年12月24日)に館林城主である徳川徳松(江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉の長男)の健康を祈って始まったとされる説が有力。

11月15日は、子供の成長を祝って神社・寺などに詣でる年中行事(神社庁による)。現在では全国で盛んに行われていますが、元来は関東圏における地方風俗でした。
やがてこの儀は京都、大阪でも行われるようになり、だんだんと全国に広まっていったものです。

七五三は、七歳、五歳、三歳の子供の成長をお祝いする行事。

神社やお寺を参拝することから、子供に着せる服は、着物であることが多いです。テレビのニュースでも、着物を着た子供たちが神社や寺を参拝する光景がよく報じられていますよね。そのため、七五三のお祝い=着物を着るという認識が一般的となっています。

現代は、着物を日常的に来ている人はほとんどいないため、七五三のお祝いで着る着物については、新調する場合が多いです。でも、着物は、七五三以外では、お正月くらいしか着る機会がありませんよね・・・。せっかく七五三で着物を新調しても、七五三が終われば、なかなか出番がないのが現実です。

例えば、男の子は、5歳(最近は3歳の時もお祝いするところが増えている)、女の子は、3歳と7歳の2回お祝いがありますが、それぞれのお祝いが終われば、多くの場合、着られることもなくなってしまいます。

それでも、兄弟や姉妹がいれば、最初の子の七五三の着物を次の子の時に使いまわしもできますが、最終的には、使われなくなった七五三の着物が残されることに・・・。
このように、七五三の着物は、お祝いで一度着ると、その後着られる事はほとんどなく、使い道がなくなく持て余してしまう事が多いのです。

着物の保管は大変!

お祝いが終わった後の七五三の着物は、使い道もなくもてあますのが現状。だからといって、一生に一度しかない記念の七五三の着物なので、保管しようと思う人もいるでしょう。
また、保管しておけば、将来生まれる孫に両親が来た着物を着せてあげられると、考える人もいるかもしれないですよね。でも、着物の保管って、かなり手間がかかるのです。

まず、保管するスペースが必要!特に女の子の場合は、着物のほか、帯、作り帯、帯揚げ、帯締め、しごき、はこせこ、びらかん、扇子、草履などが一式すべて保管するとなると、かなりの保管スペースが必要になります。

また、湿気を防ぐためにも、プラスティックや段ボールの衣装ケースではなく、木製(桐製が良いとされる)のタンスなどがいいとされていますよね。

さらに、カビが生えるのを防ぐために防湿剤を入れたり、年に数回程度陰干しをする必要があるのです。虫食いにも対策が必要で、防虫剤を入れる必要もあります。

このように、七五三の着物、特に絹製の着物を長年保管するには、かなりの手間がかかるのです。

七五三の着物は売却できる?

先祖代々譲り受けてきた着物のようなものであれば、手間をかけて保管する価値もあるかもしれませんが、そうでなければ、「処分」という選択肢もあります。ただ、せっかく新調した綺麗な七五三の着物なので、捨ててしまうのはもったいないですよね。

そこで、着物の買取をする専門の買取業者に、七五三の着物一式を売却する、という選択肢が考えられるのです。七五三の着物は、成人の着物と違って買取を断る買取業者も中にはありますが、たいていの買取業者は買取を受け付けてくれます。相場は、素材や状態にもよって異なりますが、数百円から1万円前後になっているようです。

七五三の着物 売却時の注意

七五三の着物を売却する時に注意することがあります。少しでも高く売るために気を付けた方がいいので参考にしてください。

素材により買取価格は異なる

七五三の着物は、様々な素材で製作されていますが、絹製の着物の買取価格は高く、ウールやポリエステルなどの化学繊維製の着物は、買取価格は安くなる可能性があります。

買取業者によっては買取を断られることもあるので、後者の場合は、買取を依頼する際に、買取業者に確認をしたほうがいいですね。

できるだけ早く売る

七五三の着物は、着る回数が少ないほど(新しい着物であるほど)買取時に高額となる可能性が高いのです。

さらに、古い着物となると買取を断られることもあり、その目安として10年以内と言われています。有名な作家が手掛けたものや由緒ある品物であれば10年以上経過しても高額となることもありますが、たいていは10年を目安にしているようですよ。

また、長年保管しておくと、カビや虫食いなどが発生し、着物としての価値が下がり、結果として買取価格も低くなる可能性が高くなることから、売却するのなら、できるだけ早く買い取ってもらうのがポイントです。

七五三の着物を売る場合は一式で

着物を売却する際は、着物のほかに、帯、作り帯、帯揚げ、帯締め、しごき、はこせこ、びらかん、扇子、草履といったものも一緒に売却したほうが、買取価格が上がる可能性があります。もちろん、単品でも売却はできますが、一式売却のほうが、高値を付けてくれます。これはトータルコーディネートされた七五三着物であれば再販する際に売れやすいためのようです。

七五三の着物の状態良くしておく

着物の買取価格には、着物の状態も大きく影響します。着物に着用時に発生した汚れやシミ、洗濯などによる色落ち、保管中に発生したカビや虫食いなど発生し状態が劣化しているのであれば、着物としての価値は下がり、買取価格が低くなる可能性が高く、場合によっては買取を断られることもあります。

劣化して、着物の価値を下げないよう普段から保管方法などに注意が必要ですね。また、汚してしまった場合は、早めに落とせる汚れは落とし、きれいに保管しておきましょう。

証紙があれば必ず保存しておく

証紙は、品質や産地が書いてある紙。その着物がどういう品なのか証明する意味合いがあります。着物に関しては、証紙のあるなしだけで買取価格が変わる場合があり、特に有名な産地の着物はその影響が大きです。

そのため、着物を購入したときに証紙が付いてきたのであれば必ず保管し、売却時に着物と一緒に出せるようにしておきましょう。

七五三の着物 買取業者について

七五三の着物を売却する時に、着物の買取業者を選択する必要がありますが、実際たくさんの買取業者があるので、どこにするか迷ってしまうことがあるかもしれません・・・。

着物の買取業者について選らぶポイントをいくつかご紹介します。

着物の買取の実績が豊富

着物の価値を正確に知るには、専門的な知識が不可欠。また、買取金額については、市場の動向などを把握しておく必要があります。そのためにも、着物の買取の実績が豊富にある買取業者を選びます。様々な着物を扱っていることから知識も経験もあり、実績が少ない業者よりも安心です。

買取価格が高い

売却するなら、高く評価して高額で買取をする買取業者に売却したいところ。着物を買取する買取業者は、多くあるので、複数の買取業者に見積を依頼して、得られた見積を比較して高額の見積を提示した買取業者に売却を依頼するのが良いかもしれません。

買取の手続きが簡単

売却する際に、買取業者に出向かなくてはならなかったり、着物を送付するときの送料が必要だったり、手続きが煩雑だったり、と買取するまで手間がかかる場合があります。なので、出張買取や無料送付キットがあるなど、サービスが充実している買取業者をおすすめします。

七五三 着物 買取おすすめ

上記の条件にあてはまる買取業者はいくつかあるとおもいますが、その中の1つに「バイセル」という買取業者があります。バイセルは、高額買取だけでなく着物の価値を見定め、無銘の着物でも高額で買取してくれる場合があります。
これは、着物を熟知し、さらに買取実績が豊富なバイセルならでは。また、無料査定も魅力的です。電話で相談すれば、訪問の際には女性査定員を指名ができる特別プランもあり、着物のような女性ユーザーが多いジャンルにはうってつけのサービスです。

もし、七五三の着物の売却を検討しているなら、一度電話相談してみてはいかがでしょうか。

コメント