色無地 買取相場

着物買取 相場

色無地の買取相場や高く売るコツなどをまとめています。是非参考にしてください。


>>色無地買取 無料相談はコチラ<<

色無地とは

色無地(いろむじ)とは、着物の中で黒を除く単色で染められた、無地の和服のことです。

色無地の中にも「袷(あわせ)」「単衣(ひとえ)」「絽(ろ)」と種類があり、これらは季節によって着用する時期が異なります。

袷(あわせ)は秋から春にかけて、単衣(ひとえ)は初夏と初秋の時期、絽(ろ)は真夏に着用するのが通常でしたが、現代では空調が整備されていますので、季節に限らず、その場に合わせて着用する傾向にあります。

色無地の着物は、無地であるが故に品格と華やかさを併せ持つのが特徴で、紋を付けない色無地は普段着として街着感覚で着られますし、一つ紋を付ければ正式なお茶会や祝賀会などに着られる略礼装になります。

三つ紋を付ければ紋の無い訪問着や付け下げよりも格は高くなりますが、その場合は、その分着用できる場が限られてしまうのが難点と言えるでしょう。

この他にも、黒の帯を合わせることで略式の喪服とすることも可能ですし、合わせる帯次第で法事の席にも着用できたり、様々なシーンで着用が可能な、持っているとたいへん重宝する着物です。

色無地を買取に出す前に知っておくこと

色無地の着物は、先ほども記した通り、黒以外の単色で、模様のない和服のことを言います。

色無地と類似の位置づけとして、武士の裃(かみしも)に使われている柄、「江戸小紋」がありますが、これは関東地方でのお話しであり、関西方面ではあくまでも「小紋」として位置づけされる場合もありますので、複数の地方から参加者が集う場などでは避けた方が無難でしょう。

同じ様に避けた方が良い場として、お茶会が挙げられます。

お茶会の席では、万事において派手を避け、道具と柄との喧嘩を避けるためにも色無地の着用が好ましいとされています。

色無地を仕立てる素材は縮緬や綸子が多く、礼装用にもこれらの素材が用いられます。

中には紬で作られたものもありますが、普段着として捉えられることの多い紬は、たとえ無地であっても「よそ行きの、しゃれた普段着」として考えるのが良いでしょう。

生地そのものが決め手となる一色の品だからこそ、”色無地に始まり色無地に終わる”と言われるほどの奥深さを持つのです。

色無地の買取をしてるのは?

着る機会のなくなった色無地や、処分を考えている色無地は、自宅に置いていても保管スペースや管理が大変です。今後も着る予定がない色無地を売りたい場合にどこで売るとよいかについてまとめてみました。

ネットオークション

インターネットで誰でも手軽に参加できるオークションは、不慣れだと手間が掛かります。商品の説明を考えたり画像を載せる必要があるうえ、出品してもいつ落札されるかもわかりません。高値で売りたいと思うとさらに時間がかかったあげく、最終的に売れないこともあり時間のロスになってしまいます。

また柄のない色無地を選ぶときのポイントは、肌が明るく見えるなど色と顔映りのバランスです。インターネットの写真は、蛍光灯の明るさや生地の光沢によって色がイメージと違って見えることがあるので、売れても実物を見た後でキャンセルされてしまうことがあるのです・・・。

リサイクルショップ

色無地は一つ紋を入れることが多く、紋の有無にかかわらず需要はあるので本来は売れるのですが、リサイクルショップには着物の知識のある店員がほとんどいません。紋が入っていることを理由に買い取ってもらえないことや価格がかなり安くなってしまいます。

ネットで申し込める着物買取専門店

インターネットで申し込める着物買取の専門店は、着物のプロに無料で査定をしてもらえるうえ、自宅で申し込むだけなので簡単で便利です。手間がかからず売りたい時にメールで申し込むだけで、無料で早くに着物の鑑定士が査定しに自宅に来てくれたり、郵送で査定してくれます。紋が入っている色無地でも買取ってくれ、査定結果によっては予想外に高値が付くこともあります。

色無地を売却する場合の注意点

着物買取業者に売ることが可能な色無地ですが、買取価格は、様々な要素で決まるため、状況によっては、買取価格が相場より高くなったり、安くなったりする場合があります。より高く色無地を売却するためには、いくつか注意点がありますのでご紹介します。

できるだけ早く売る

色無地に限りませんが、着物は、新しいほど買取価格は高く、古くなるにつれ、買取価格は安くなっていきます。着物は、使用するほど劣化していくため、使用時間が長いほど着物としての価値が下がるのです。使用していた色無地の場合は、中古品扱いとなり買取価格は未使用品より下がる可能性が高くなります。

もし、色無地の売却を考えている場合は、できる限り早く売る方が高く売れる可能性があります。

買取価格は着物の状態で変わる

色無地の状態により買取価格は変わること多く、状態が良ければ買取価格は高く、状態が悪ければ、買取価格は下がってしまいます。高額での売却が期待できる有名作家や有名産地の色無地でも、状態が悪ければ買取価格は下がってしまう可能性が高いのです。

状態の悪化は、使用後の手入れや保管する環境が悪いことに原因があることが多いので、使用後は手入れをしっかり行い、保管する環境にも十分注意をして、状態をキレイに保ちましょう。

証紙は色無地と一緒に売却

有名作家や有名産地の色無地の場合は、購入時に、色無地と共に作家名や産地などが記載された証紙とよばれるものが付いてくることがあります。この証紙は、売却時には非常に重要なものとなり、証紙がある場合とない場合では、買取価格に差が出てくる場合もあるのです。

そのため、証紙がある場合は大事にとっておいて、色無地と一緒に売却に出した方がいいですね。

大きいサイズは買取価格が高い

色無地に限らず着物は、サイズが大きい方が買取価格が高くなる傾向にあります。それは、現代人は背が高い人が多いことから。サイズが大きい色無地は仕立て直すことで様々なサイズの色無地にできるという理由から、サイズが大きい色無地の需要がが、サイズが小さい色無地より高く、サイズが大きい方が買取価格は高くなるのです。

色無地の買取相場は?

色無地の買取相場に関しては、状態の良いものであっても極端に値段が高くなるということはありません。

着物の買取価格は需要がどれだけあるかということが重要なのですが、色無地は汎用性が高い反面、柄や色合いがそこまで華やかではないため、どちらかといえば日常的に着られる要素が強く、稀少価値という点においてはやや弱いというのが理由です。

また、普段から着物を着用する機会の多い方でないとなかなか出番がないこともあり、そのため買取相場が極端に高くなりづらく、全体的に低めとなっています。

そして買取相場が低いとともにもう一つ注意したいのが色無地の状態と丈の長さです。

色無地だけでなく、着物は総じて状態が重要視されるのですが、買取相場が低い傾向にある色無地ですから、状態が悪いなどのマイナスポイントがあると、さらに値段は下がってしまうので注意しましょう。

色無地の買取例は、たとえば下記のようになります。

980,000円の正絹 (人間国宝/久保田一竹)辻が花染 50,000円~
800,000円の牛首紬(石川県無形文化財/白山工房)くろゆり染 30,000円~
500,000の正絹(石川県無形文化財、加賀友禅作家/柿本市郎)加賀友禅 10,000円~

「色無地買取」買取業者の選び方

安心買取

一般的なリサイクルショップで鑑定が難しい着物は、安く見積もられる可能性があります。なので着物の買取には、色無地などの着物や帯、和装品を主軸とした買取専門店をさがして選ぶと安心です。

無料のサービス

着物にまつわる悩みを無料相談できる買取業者がおススメです。無料なので初めてでも安心して相談できる業者を選びましょう。
あと、顧客サポートやスピード対応をしてくれて、買取方法も何個か選べる方が便利で安心です。

色無地 買取 まとめ

色無地は需要のある着物で買い手もつきやすいので、不要になった色無地は必ず、着物買取専門店の査定に出すのがおすすめです。

>>無料相談できる色無地買取業者へ

コメント