母の遺品(着物)買取業者とは!?

着物買取 相場

母親がむかし着物好きで、遺品の整理をしていたら「着物がたくさん出てきた!どうしよう?」なんて事がよくあるそうです。昔ならともかく、今では着物を着る機会もそうそうなく、保管していても場所をとるだけで出番がない着物・・・。今回はそんな遺品(着物)を買い取ってくれる業者や相場などをご紹介します。


>>遺品買取無料相談はこちら<<

買取業者があつかう着物とは?

最近では日本人でも着物を着る機会がほどんどなく、少し前なら値段がつかないほどでしたが、最近では海外の方からの着物の需要が多く、特に中古の着物はお手軽に買えるのでとっても人気があるのです。

日本食や文化は海外でもとても関心が高く、その一つとして着物の人気がグンと上がりました。
特に2020年の東京オリンピック前ということも有り、海外客を見越して中古の着物の価格も高くなっているのが現状です。

買取対象の着物とは?

同じ着物の中でも、高く値段がつくものは、正絹の着物です。
ですが、ポリエステルや化繊、ウールなどの着物でも、それなりの価格で買い取ってくれますよ。

買取業者での買取は下記のようなものです。参考までにご覧ください。

着物

振り袖、留めそで、訪問着、小紋、色無地、付け下げ、男性用着物類など

袋帯、名古屋帯、半幅帯など

反物

着物、帯時、男性用反物

扇子、髪飾り

かんざし、髪飾り、べっ甲商品、せんすなど

和装小物

帯締め、帯揚げ、帯とめなど

着物は状態によっても価格が変わる!?

買取業者によりますが、着物にシミや汚れが多少あったとしても価格は下がりますが買い取ってもらえるケースもあります。
例えば、着物に証紙や証明書などがある場合、査定時に高値がつく可能性があります。
でも、もし無い場合でも、買取対象になる可能性が高いので、ひとまず無料査定はおすすめします。

高値がつく着物とは?

有名作家の着物や大島紬、加賀友禅などは、特に高値で売れます。証明書や証紙が保管されていれば、査定時につけて出す方が高値になりますよ

最近では体のサイズが大きい方が増えています。なので着物のサイズも、小さい物より大きい物の方が高値で買い取ってもらえます。
着物のサイズが大きい物だと手直し可能ですが、小さい着物だとそのままの値段しかつかないからという理由からです。

母の遺品(着物)を買取する業者とは?

せっかく着物を買取にだすのなら、少しでも高く売りたいですよね。
着物を中古で売るなら、一般的には、リサイクルショップやフリーマーケット、またはネットオークションなどです。
その他にも遺品の買取業者などもあります。

遺品買取業者

着物を専門家が査定してくれるので適正価格で買い取ってくれるのが特徴。買い取り業者自身で、独自販売ルートを持っていることが多く、その分、納得のいく価格で売れることが多い。

遺品整理業者

遺品整理業者に一括して遺品整理を頼むと、着物の販売ルートを持っていない場合があり、0円となることが多い。
また、査定時の着物の専門家がいない業者が多く、査定専門家がいる大きい遺品整理業者を探さないといけない。

リサイクルショップ

リサイクルショップは買取り店舗が多く、色々な品物を扱っている。リサイクルショップの着物の買取価格は様々だが、着物の専門家がいない場合が多く、着物の買取り業者ほど高値で買い取ってもらえないことがほとんど。

ネットフリマ

メルカリやフリルなどは写真を撮るだけで出品できる手軽さもあり、人気がある市場。価格は出品する側が決めて出すので、数千円~数十万円という高値が付いている物も。

でも、出品側も買い取る側も、専門知識がなく適正価格がわからないので、適正価格より下げて出品しないと売れない可能性も。また、シミや汚れのクレームも多く、トラブルの原因に。

ネットオークション

ネットオークションの場合、まず着物を買い取ってもらい、それから業者がオークションに出す方法と、ネットオークションのように個人でやり取りする場合がある。業者のオークションへの参加は小物商許可証が必要なので個人では出すことができません、。

個人で出せるネットオークションの場合、競り落とす側の人数が多いほど高値になります。いい着物は思いのほか高値で売れる場合もあり、特に正絹のいい着物は入札数も多く、高値になっているようです。ただ、着物の出品数が非常に多いので、出品しても売れない可能性が高い。

着物を売るポイントとは?

着物を買い取ってもらいたいと思うとき、どこに売るか?はとても大切なポイントです!
大事な着物を高値で買い取ってもらうための抑えたいポイントをご紹介します。

1.着物専門家が査定する業者

適正価格で着物を売りたい場合、着物の知識のある専門家がいる買取業者を選ぶべきです。
専門家が査定してくれるなら、安心して売ることができます。

2.見積もりは複数の業者で取る

買取業者によって価格は異なります。
もし少しでも高値で売りたいなら、見積もりは複数とって、高値を出した業者にお願いしましょう。
無料査定してくれる業者も多くあるので、これをうまく利用するといいですね。

3.大手の業者はやっぱり安心

買取業者の中でも、やっぱり悪質な会社はあります。
そんな業者に安い価格で売るなんて、絶対イヤですよね・・・。そこから考えると大手業者はやっぱり安心してお願いすることができます。

4.アフターサービス

大手業者の場合、査定が終わった後、確認の電話があったり、査定員の対応や説明、価格などについても納得がいったのか確かめてくれます。こんなアフターフォローも大事ですよね!ここも安心ポイントです。

買取方法は?

着物の買取の方法には、出張買取、店頭買取、宅配買取があります。

出張買取とは?

出張買取とは、事情があり店舗まで持ちこめない場合に、自宅まで専門のスタッフが出向いて、そこで着物を査定する方法。依頼時に「見積もりだけ」と最初に言えば、見積もりを取ってくれます。

その時、訪問目的と査定内容の説明をスタッフの方がしてくれます。見積もりに納得の値段であれば、契約書にサインをして取引成立となり着物を買取ってくれます。本人確認書類が必要の場合もあるので、あらかじめ問い合わせておくと良いですよね。
クーリングオフ期間中なら買取を取り消すことができるので、気が変わっても大丈夫です。

持ち込み買取とは?

店頭に直接持っていくこと。店舗に行く場合は免許証などの本人確認書類が必要です。着物を持ち込むと、その場で専門家が査定。査定金額に納得の場合は取り引き成立となり、現金での買取となります。その金額に納得がいかない場合は売る必要はありません。

宅配買取とは?

宅配買取を申し込むと、業者から宅配のキットが送られてくるので、それに着物を丁寧に詰めて送ります。着物が業者に届くと、専門家が査定し査定結果を本人に電話で説明してくれます。それに納得の場合は業者が買い取り。後日、銀行振り込みなどで買取価格が振り込まれます。忙しい人におすすめですが、梱包は丁寧にしないとしわの原因になるので注意しましょう。

母の遺品(着物)おすすめの買取業者はコチラ!

着物の買取業者でおすすめは、バイセルです。
坂上忍さんがテレビCMでやってるアレ!こちらだと安心しておススメできます。

バイセルの出張買取の流れを言うと、

  1. お問い合わせ・査定の予約
  2. 査定員の訪問・自宅での査定
  3. 成約後の契約内容の確認
  4. 買取金額のお支払い
  5. フォローコール

こういった流れがスムーズです。なんといっても丁寧なのが印象的。
もちろん、宅配買取や、持ち込み買取もあります。

無料査定や相談も受けてくれますので、遺品でお悩みの方は一度試してみてはいかがでしょうか。


>>遺品買取無料相談はこちら<<

コメント