古い着物・反物の活用法

着物買取 相場

家族が亡くなった後、押入れやタンスの中に、古い着物や帯、反物が沢山あると、どう処分したら良いか困ってしまうもの・・・。

いくら亡くなった方の大好きだった着物や、購入時に数十万円した着物でも、残された家族にしてみれば、その遺品がどれくらいの価値があるものか分からないですし、サイズが違ったり、柄がイマイチだと思えば、自分が着てみようともなかなか思わないものです。

古い着物や帯、反物を処分する方法は色々ありますが、時間や労力、費用はかけたくないですよね。
残された家族にとって、どの方法が最適なのか、古い着物・反物の処分方法をまとめてみました。

着物・反物『5つの処分方法』

方法 手続き 費用負担 トラブル 高価買取
ゴミに出す ×
遺品整理会社に依頼
ネットオークション × ×
リサイクルショップ ×
着物買取専門業者

着物買取専門業者なら業界最大手【バイセル】が安心おすすめ

  • CMでも有名な着物買取業者&利用率No.1
  • プロの着物専門査定員が全国出張査定(※女性指名可)
  • 独自販売ルートがあるため高価買取が可能
  • 「着物の値段だけ知りたい!」方にもおすすめ


>>無料査定はこちら<<

遺品整理で着物の処分方法に迷う・・・。

一度でも遺品整理をした経験があれば、分かると思いますが、身内が亡くなって遺品を片付けなくてはならない時、かなりの時間と労力、そしてお金がかかるものです。

中には相続の手続きに追われて、それに毎日の仕事や家事で手一杯・・・。
とても古い着物の処分にまで手が回りません。

古い着物・反物を処分する方法は大きく分けて、

  • ゴミに出す
  • リサイクル業者に出す
  • 自分で使う

この3つの方法が代表的です。
(後に5つに分類します)

どの方法も下記にてご説明しますが、どの方法にもメリットとデメリットがあるので、納得のいく方法を選んでくださいね。

最近では、生前にこのような着物の処分を行う方も多く、それに伴い高齢者を狙う悪徳業者も増えています。
適正価格より安い値段で買い取ったり、アフターフォローが全くできてない業者もいますので、ご家族の方は注意してあげてください。

一言で着物処分といっても、その方法にはいろいろあります。
次に、5つに分けて着物の処分方法をご紹介します、

着物処分『5つの方法』

古い着物・反物を処分するには5つの方法があります。

  1. ゴミに出す方法
  2. 遺品回収業者などに依頼する方法
  3. ネットオークションやフリマなどで売る方法
  4. リサイクルショップに持ち込む方法
  5. 着物買取業者に依頼する方法

どの方法がベストかは人それぞれ、まずは一つ一つ詳細を確認していく事が大切です。

遺品は後悔しない方法で処分しないと、後々トラブルにつながるかもしれません。
ゴミに出す方法が一番早いのはわかりますが、1円にもなりませんし、専門知識がない業者だと買取価格が低かったりといろんなトラブルが生じます。

最終的にどの方法を選ぶかは自由ですが、後悔しないための予備知識が必要です。

1.ゴミに出す方法

古い着物を地域でゴミ処分する場合は、地域のゴミの出し方にしたがって出すようにしてください。
あまりに処分する着物が多い場合は、数回に分けて出した方が、地域の方々に迷惑をかけずに済みます。

古い着物をゴミとして出すのであれば、燃えるゴミなのか、古布として出すのか判断が分かれるかもしれません。
判断に迷ったら市町村のゴミ担当の部署などに電話して、正しい分別方法を確認して出すことをおすすめします。

ゴミに出すメリット

古い着物を処分する方法として、ゴミに出す方法は一番早くて手軽な方法と言えます。自治体が指定している日にゴミ袋に入れて出すだけですから、手間がかからないというメリットがあります。

特に古い着物で、しばらくの間きちんと保管されていなかったものはシミや汚れがついていたり、虫食いがあったりしますから、リサイクルショップに持っていったとしても引き取ってもらえない事もあります。

ただし、着物買取専門業者なら多少汚れていたり、傷ついていても査定額を付けてくれる可能性が高いです。

せっかく沢山の古い着物を持ち込みしたのに、時間と労力の無駄になる・・・というのであれば、あっさりゴミとして出してしまった方が早く片付くのでお手軽です。

もし、その古い着物が自分のものであれば少しは躊躇するかもしれませんが、遺品で、それほど思い入れがないのであれば、ゴミとして処分するのもありかもしれません。

しかし、捨てるにもそれなりに労力がかかるもの・・・それなら着物買取専門業者に買取してもらったほうが、数千円、または数万円の価値が付く可能性もあります。ゴミに出すのは最終手段として、一度無料査定をおススメします。

ゴミに出すデメリット

古い着物をゴミとして処分する方法は、一番手軽で簡単に押入れやタンスの中が片付くというメリットがあると申し上げましたが、あまり着物がゴミに出されているのを見かけないですよね。

ゴミとして出す方法のデメリットと言えば「1円にもならない」という事。

自分の着物ではなく、遺族の着物なので思いいれも無いのでしょうが、やっぱり捨てるくらいであれば、お金にして有効に使いたいですよね。

先ほど記述したように、リサイクルショップに持って行っても、古い着物の場合、汚れやシミ、虫食いが原因で引き取ってもらえない可能性があります。しかし、一部の買取専門業者であれば高価査定がつく可能性が残されているのです。

どうせ処分するならば、一度専門業者に無料査定してもらってからゴミに出すかどうかを考えてはいかがでしょう。

2.遺品回収業者に依頼

最近では、遺品回収業者のチラシなどをよく見かけます。

一昔前なら、清掃業者なのかもしれませんが、今回の場合なら、遺品の回収業者の方が向いています。
遺品回収業者なら、古い着物や反物、帯だけじゃなく、その他の遺品すべてを回収してくれるので、家の中や部屋が一気に片付いてしまいます。

現在は、生前ひとり暮らしをしている方も多いので、片付けがスムーズに進まない場合が多く、遺品回収業者に依頼するのも一つの方法です。

費用はそれなりにかかりますが、仕事や家事で忙しく片付ける時間が取れないという場合は利用するといいかもしれません。

遺品回収業者に依頼するメリット

遺品回収業者に頼むメリットと言えば、まず「早い!」という事。
特に遺品回収業者は亡くなられた方の遺品回収や家の中のゴミ処理に慣れていますから、すばやく処分してくれます。

各自治体のゴミ処理基準は、年々厳しくなっていますから、処分方法に困るものもあります。
そんな時も遺品回収業者に頼むときちんと処分してくれるので、処分の方法に困惑する必要がないのが魅力です。

もちろん遺品回収業者は古い着物も処分してくれますし、良心的なところであれば、処分する着物の査定を行ってくれて、値段がつくものが出てくれば、費用からその査定額を値引きしてくれます。

査定額がつけられる着物が多ければ多いほど、処分費用が下がる可能性がありますから、とにかく早く処分したい時には利用してみると良いでしょう。

遺品回収業者に依頼するデメリット

遺品回収業者に頼むデメリットと言えば、費用が高額になるということ。

ゴミとして自分で捨てたら無料ですが、業者に頼むと費用がかかるのは当然ですが、それでもこのような業者を使うと人件費などがかかるので、どうしても高額になりがちです。

もし遺品が沢山あって、多くの物を処分したいのであれば、このような業者を利用するのも良い方法ですが、古い着物だけを処分するのであれば、あまりおすすめできません。

また中には悪質な業者もいて、想像していた金額よりもかなり高額な費用を請求されてトラブルになるケースも多々あります。

最近は良心的な業者が多くなってきていますから、古い着物だけでなく、その他のゴミも一緒に片付けたいと思っているのであれば、複数の業者から見積もりをきちんと取って納得いく業者を選ぶようにしましょう。

3.ネットオークション(ヤフオク・メルカリ)などで売る

遺品を処分するのに業者ではなく、自分で行いたいという人はネットオークション(ヤフオク、メルカリ)やフリマなどを利用する方法があります。

特にヤフオクやメルカリは市場規模が年々大きくなってきているので、予想外の高値で取引が出来る可能性が高いです。

古い着物はそのまま着るのではなく、ハンドメイド用として必要とする人もいますから、古い着物ならではの独特なデザインを気に入ってくれる方も多数存在しています。

そのような方なら、毎日ネットでアンテナを広げていますから、自分が出品する古い着物にアクセスがくるように綺麗な写真を掲載して、着物に関する情報も誠実に記載しておけば、うまく売却出来る可能性があります。

ネットの世界だけでなく、フリマで売却を試みても、同じように古い着物を探している人に出会える可能性があるので、時間がかかっても良いから、自分で売却するのを楽しみたいという人にはおすすめの方法でしょう。

ネットオークションで売るメリット

ネットオークション(ヤフオク、メルカリ)やフリマなどで古い着物を処分する場合、着物の価値がわかる人に出会えれば、高級な着物や人気作家の着物などが高額で売れる可能性があるのでおすすめです。

着物の価値が分かる人にうまく出会うと、自分でリサイクルショップや買取業者に着物を持ち込むよりも、かなり高額で売却することが出来る可能性が高いのがメリット。

ただし、現実は着物の適正価格を目利きできる方はほとんどいません。ネットオークションはまず自分で出品価格を設定するため、そもそも出品価格自体がわからないという方も多いです。

最近では日本の和装に興味のある外国の方に購入してもらえる可能性も高いので、例えば古い着物と一緒に帯留めや和装用のバッグ、ショールなどをセットで掲載しておけば、注目を集めやすくなるのでおすすめです。

ネットオークションでの売却は慣れている人であれば、それほど苦痛には感じないでしょう。多少の時間がかかるかもしれませんが、楽しんで行える人であればおすすめです。

ネットオークションで売るデメリット

ネットオークションやフリマは単に着物を処分するというわけではなく、自分で売却する楽しみがありますが、慣れていない人にとっては一つ一つの作業に時間がかかって面倒に思うかもしれません。

ネットオークションだと着物を1点1点掲載するのが面倒ですし、フリマは出店する際に色々手続きが必要ですから時間がかかります。

さらにネットオークションでは着物の価値が分からない人の場合はトラブルになる可能性もあり、実際にネットオークションでの詐欺被害やトラブルは後を絶ちません。

トラブルを回避するために、着物の状態がよくわかるような写真を掲載し、着物の情報があれば、きちんとそれも掲載するようにしておきましょう。

また、汚れやシミなどの情報は隠さずに写真と文章で細かく説明しておくのがポイントです。

4.リサイクルショップに持ち込み

古い着物に限らず、不用品の処分と言えば、リサイクルショップ。最近では大型チェーン店のリサイクルショップが全国展開していますから、自宅近くに何店舗かあるのではないでしょうか。

中には電話をすれば、自宅まで来てくれるリサイクルショップもありますから、古い着物の他にもタンスなどの大型家具など大きなモノを処分したいなら、利用してみると良いでしょう。

特に遺品整理の場合は、古い着物の他に沢山の不用品が出てくるはずです。古い着物だけでしたら自治体の指定する日にゴミとして出そうかなと思ってしまいがちです。

でも、その他にも処分したいものがあるのなら、リサイクルショップを利用して家の中をスッキリ片付けてしまうという使い方が理想的です。

リサイクルショップに持ち込むメリット

リサイクルショップを利用するメリットと言えば、簡単に利用でき、かつ引き取ってもらえる可能性が高いという事。
遺品整理の場合、処理する人にとって不要な物が多く、お金をかけずに片付けたいというのが本音。

リサイクルショップでは高額買取になるケースは少ないですが、たとえ、値がつかなかった場合でも引き取ってくれる可能性が高いので、すぐにでも家の中を片付けたいという人にはおすすめです。

ただし、着物の専門知識がある人がいない場合が多く、数万円も価値がある着物が二束三文で買い叩かれるケースもしばしば・・・。

大型の家具も一緒に処分したい場合は、電話1本で自宅まで引き取りにきてくれる場合が多いので、古い着物以外に処分するものがあれば利用してみると良いでしょう。

リサイクルショップに持ち込むデメリット

便利でお手軽なリサイクルショップですが、古い着物を売りたい方にはデメリットになるかも。

前述しましたが、多くのリサイクルショップでは着物の専門知識があるプロが在籍していない事が多いので、高価査定が出ない可能性が高いのです。

リサイクルショップでは、たとえ有名な作家の作品であっても高値がつかない可能性が・・・。
リサイクルショップの中には衣料品を一括して重さで査定する所もありますから、そのような所で古い着物を処分するのは勿体無い!

また、リサイクルショップは土日に処分品を持ち込む人が多いので、下手をすれば2時間待ちという事もありえます。

せっかく長い時間待ったのに、たったの数百円しか手に入らなかった・・・という事もありますから、利用する際は気をつけてください。

5.着物処分なら買取専門業者へ!

今まで古い着物の処分方法について説明してきましたが、一番のおすすめは着物買取業者に依頼する方法です。
特に着物買取業者中でも、最も正確かつ高値で買取可能な着物買取専門業者は『バイセル』。

着物買取業者に依頼する場合は以下3つの方法があります。

  • 電話1本で自宅まで来てくれる出張買取
  • 宅急便の箱に古い着物を詰めて送るだけの宅配買取
  • そして店舗に持ち込む持込買取

着物買取業は着物のプロが査定しますから、有名作家の着物や人気のある柄などきちんと査定をしてくれるので、納得のいく査定をしてくれる可能性が高いです。

着物を1点1点査定し、もし査定額が気に入らなければ、売却を断る事ができるので、後悔するような事が少ないのです。
着物買取業者の中にはキャンセル料や査定料が無料なところがあるので、気軽に相談してみる事をおすすめします。

買取専門業者の口コミ

電話で出張依頼、対応は非常に良い。っが平日でも予約が詰まってて即日は無理で翌日朝一に。買取対象品目・クーリングオフ・希望商品の概要等の質疑応答に加え、査定終了後センターから査定員の評価確認が入りますとのこと。押し買いとか一切ありませんでした。もうちょいイジってよって感じ。私的にはオススメ業者だと思います。
電話での応対も丁寧で初めての自分でも安心できるものでした。しかもすぐに買取査定に来て頂き、その場で現金になったのには驚きました。他の品物も買取して貰い、実家の整理ができたばかりか、お小遣いにもなり助かりました。
1番安心したのは女性査定員の方が対応してくれた事です。依頼の際に女性であれば、指名が出来るので、男性を家にあげるのは怖いと言う方も安心出来るかと思います。査定に関しては相場なども細かに説明頂けたので、納得して利用が出来ました。

着物買取は今がお得!

特に2020年の東京オリンピックに向けて、着物の需要が高まってきている今こそ、古い着物を売るチャンス!

保存状態が良いものや、珍しい柄のものは高額査定がつく可能性が高いので、タンスの肥やしにするくらいなら売ってしまった方が良いでしょう。

着物買取業者をどこにするかは、ネットなどで検索してみて、口コミなどの評判を元にして買取業者を決めてください。
それからそれぞれの業者に査定をしてもらい、納得いく業者に着物を売るのが、ベストな売り方です。


>>無料査定はこちら<<
(※1点でもOK!電話相談も可能)

コメント