着物の種類

着物 種類

着物を高く売りたいなら、ガッツリとは言いませんが、最低限の知識を身に付けておくと、査定依頼時に業者とのコミュニケーションもスムーズだし、高価買取も実現できます、今回は着物の基礎知識を簡単にご紹介します。


着物は素材や模様の付け方紋の数によって TPO が変わります。中には未婚・既婚の区別がされているものもあります。代表的な着物の特徴を知ってその場にふさわしい装いをしたいものです。

留袖(既婚女性の第一礼装)

留袖は祝儀のためのフォーマル着物です。黒地の黒留袖には背中心、両胸、両外袖の5箇所に日向紋を染め抜き、裾に華やかな模様が描かれています。 色地の色留袖もあり五つ紋の付いたものは黒留袖と同格です。

女性が18歳になった時、あるいは結婚した時、それはできていた振袖の長い袖を切って短くしました。これを『留袖』といい、かつては大人の女性が着るもの全般を指しました。ところが19世紀初めに黒字染め抜き日向五つ紋の江戸褄(裾模様の着物)既婚女性の式服とする習慣が広がり、それ以来この着物を黒留袖というようになったのです。

家紋

定紋、紋所ともいい、その家の由緒を表すもの。紋の数が増えるほど、着物の格が上がる。黒留袖の場合は五つ紋が決まり。

比翼仕立て

表着に、下着周りの部分(袖口、振り、裾、優貴した衿下のおくみ)だけをつけて、2枚重ねたように見せる仕立て方。本来は白羽二重の着物(下着)を重ねて着ていたが、現在は着やすくするために、表着と別に、周りの部分に別布をつけた「付け比翼」が主流になっている。

留袖には白い比翼が欠かせない。比翼をつけて着物を着ると、衿が2枚になり格調高く見える。

黒留袖

現在、黒留袖は結婚式や披露宴に出席する新郎新婦の母親、仲人婦人、親族の既婚女性が着用します。生地は主に一越ちりめん(しぼの小さいちりめん)が用いられ、共八掛(表と裏の裾部分が同じ生地)がついています。模様は、染や箔、刺繍を用いた吉祥文様、有職文様、正倉院文様など格の高いものが好まれ、金銀白の帯や小物を合わせます。

模様は裾だけにあるが、縫い目で模様が途切れない絵羽模様。模様が小さく位置が低めなものだと年配向けになる。

色留袖

五つ紋付の色留袖は、黒留袖と同格で、未婚女性も着られるお祝い用の第一礼装です。
黒留袖は染め抜き日向五つ紋と決まっていますが、色留袖は五つ紋(この場合は比翼仕立てにする)のほか三つ紋や一つ紋をつける場合もあります。紋の数が減ると準礼装になるので、格式のある茶会やパーティーなどにも向きます。

色留袖は着用範囲の広い着物。結婚式や披露宴で色留袖を着るのは、主に親族の女性(新郎新婦の姉妹、祖母や叔母)や主賓、来賓。

振袖(未婚女性の第一礼装)

袖丈が長い着物、振袖は一般的に未婚女性の第一礼装とされます。袖丈が長いほど各が高くなり、改まった感じになります。現代の着物の原型は、室町時代の小袖(袖口の小さな着物)と言われ、振袖という名称が生まれたのは江戸初期のことです。当時の振袖は子供と十八歳までの未婚女性が着るもので、振り(袖付から袖下までが開いている)のある長い袖は、若さの象徴でした。現在も長い袖の持つ意味は変わりませんが、既婚女性もパーティーなどでは振袖を楽しんでいます。

大振袖

袖の長さは125 CM で花嫁衣装に。114 CM は単に振袖と呼ばれ、花嫁のお色直しから成人式や謝恩会にも。

中振袖

袖の長さは87 CM から106 CM が目安。成人式、謝恩会、披露宴、初釜などのほか各種パーティーにも最適。

小振袖

袖の長さは76 CM から86 CM が目安。ちょっとしたパーティーのほか、十三参りの少女用にも用いられる。

訪問着(絵羽模様の社交着)

色留袖の次に格の高いフォーマル用で、おしゃれぎようの要素を併せ持つ準礼装の着物。ちりめんや綸子、絽、紗、つむぎなどの生地に絵羽模様が描かれています。
洋装のビジティングドレスと同格の着物として、大正時代に「訪問服」と名付けられました。公式の訪問用の社交着だったため、当時は三つ紋をつけていましたが、現在は一つ紋をつけるか、紋を省略する場合も多くなりました。訪問着は披露宴やパーティー、茶会、見合い、結納などに向き、しかも未婚・既婚を問わず着ることができます。

絵羽模様

着物の模様構成の一つ。着物全体を一つの画面に見立てているため、縫い目にまたがって模様がついている。訪問着のほか、留袖、振袖にも用いられている。
絵羽模様をつけるには、白生地を着物の形に仮仕立てし、下絵の模様を描く。ほどいて一枚の布に繋ぎ、下絵通りに染め加工を施す。

付け下げ(訪問着を簡略化したもの)

付け下げは訪問着より気軽で、小紋よりは格の高い染め着物です。訪問着に比べて簡略化されているところは模様づけです。基本的に前後の身頃、身頃から袖など縫い目で模様が繋がっていません。華美な訪問着が禁止された戦時下に考案された模様付けの方法です。訪問着のような絵羽模様でなく、着た時に模様が全て上を向くように描かれています。人気が出たために、上前のおくみと上前身頃の模様が縫い目で繋がるように改善され、付け下げ訪問着と呼ばれる華やかなものもあります。

色無地(シンプルな一色染めの着物)

一色染めの色無地は、目的に合わせて着分けることができる利用範囲の広い着物です。紋をつけると、慶弔両用の準礼装になります。子供の卒入学式や七五三、各種お祝いの席、茶席、通夜や法事などに、一つ紋付きの色無地ほど便利な着物はありません。明るく華やかな色は慶事に、両用する場合は、紫、藍、緑、ねずみ色系などのシックな色を選びます。紋の数によって格が変わり、五つ紋はかなり改まった式服に、三つ紋は無紋の訪問記より格が上の準礼装になります。

色無地は紋のおしゃれが映える着物。正式な染め抜き紋や略式の刺繍紋が一般的だが、社交着として着るなら洒落紋も楽しい。
また、合わせる帯によって格が変わる。紋意匠ちりめんの色無地(一つ紋付き)に名物裂文様の袋帯を合わせた略礼装など。

江戸小紋(無地感覚の格のあるきもの)

江戸小紋は色無地と同じように一色染めの着物ですが、のりで防染した模様が白く染め抜かれています。その模様の種類は数千とも言えますが,かつて 武士の裃に用いられていた細やかなが柄(鮫、 角通し、行儀、菊菱、霰)は、遠目から見ると色無地のように見えます。こうした着物は色無地と同じように紋をつけ、袋帯を合わせると準礼装になります。小紋の一種ですが、特別な小紋として位置づけされています。

八掛

袷きものの袖口と裾の部分につける裏地のことで、裾回しとも言う。表地と共色の場合は共八掛という。色無地や江戸小紋の場合は、少し絵柄を入れると楽しい。

小紋(気軽な染めのお洒落着)

小紋は繰り返し模様の型染め着物です。
まれに手描きもありますが、基本は型を使って染めたものが中心です。
洋服で言えばプリント柄のワンピースのようなもので、フォーマルすぎず、くだけすぎず、ちょっとおしゃれをしたい時にとても便利な着物です。生地は縮緬、綸子の他に、紬にも染められます。小紋と言うと華やかな友禅をイメージしますが、紅型・ 藍型・更紗・絞り染め・ろうけつ染めなど、特徴のある技法で染められたものがたくさんあります。基本的に江戸小紋や加賀友禅以外は、紋をつけません。

小紋には粋な縞柄を染めたものもある。江戸小紋にも毛万(極細の縞模様)、万筋、三筋などの縞柄が。

織りきもの(紬や木綿などの普段着)

白生地から色柄を染めたものを「染め着物」糸を染めてから模様を織り出したものを「織り着物」といいます。
織り着物の代表は紬で、他に御召、麻、木綿、銘仙、紙布などがあります。
これらは基本的には、普段着の着物になります。紬などには高価なものもありますが、きもののTPOを考えると、正式な場所に不向きです。
むしろ、織り着物は、決まりごとにとらわれず、帯や帯揚げ、帯締めなどを自由に合わせ、気軽な街着として個性的に装うのがお洒落です。

紬(つむぎ)

無地、縞、格子、など、を織り出した織り着物の代表で、産地紬から作家ものまでさまざま。

御召(おめし)

御召は染めた糸に強い撚りをかけて織り上げるため、織りあがった生地には細かいしぼがある。

銘仙(めいせん)

江戸末期に太織り(筋のある太い糸で織った織物)から転じ、大正期に大流行した。

着物の種類 まとめ

いかがでしたか?
ひと口に着物といってもたくさんの種類がありますよね・・・。
これらを全部覚えるの?といったらそうではなく、査定時に役立つようにチョット知っておいてほしいのです。
着物を高く売りたいなら、少しだけ頭に入れててくださいね!そうすれば高値で買取されるかもしれません!

コメント