大島紬の買取価格や相場はココ!

大島紬 買取価格 相場

大島紬を高く売りたい!そんな時「いったい大島紬の買取相場ってどれくらい?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか・・・。
そこで今回は、本場大島紬を着物買取業者に依頼するとどれくらいの値段がつくのか・・・?買取相場や査定情報をご紹介します。

大島紬とは?

本場大島紬の買取情報や査定情報をご紹介する前に、少しだけ「本場大島紬」がどんな着物なのかご紹介します。

高く売ろうとしているものがどんな着物なのか、ある程度知っておくことはできるだけ高額買取のポイントになるのでサラっと読んでくださいね。

鹿児島県奄美大島と鹿児島市周辺、宮崎県都城市でつくられているものを「本場奄美大島紬」、鹿児島、宮崎でつくられているものを「本場大島紬」と呼びます。紬と名前はついてますが、実際には紬糸は用いず、現在は縦糸横糸とも絹を用います。

大島紬の始まりは、7世紀頃とも言われます。江戸時代の大島紬は結城紬と同じように、真綿から手紡ぎされた糸を用いて、地機で織られていました。

明治時代になって、高機が用いられるようになり、絣括りに締機が考案されると、やがて糸も紬糸から絹糸に変わりました。
このようにもともとは、紬糸を用いていたために、大島紬の名が残っています。
第二次大戦中に鹿児島に移住した奄美の人々によって、戦後は鹿児島市、宮崎市でも織られるようになり、現在に至ってます。

大島紬の特徴は、泥染めと締機にあります。
テーチ木(車輪梅)を煮出した液で糸を染め、鉄分の多い泥に浸し、何度も繰り返してもみ込んで染めます。この泥染めは艶やかな黒のほか、濃い茶や藍にも用いられます。

また、絣柄は手で糸を括らずに、専用の織機(締機)を使って、絣糸を作ります。木綿糸の経糸をはり、絹糸の横糸を通して固く締めながら織り上げていきます。
織りあがったものを「絣筵」(かすりむしろ)といいます。縦糸の木綿糸の上糸と下糸が、横糸の絹糸を締め付け、絣筵のまま染めると、締められた部分が防染され、白く染め残ります。木綿糸が括り糸の役目を果たすわけですが、かなり強く打ち込む必要があるのでこの締機の作業は男性が受け持っています。

大島紬には、従来の泥染めのほか。植物染めの糸で織る「草木染め大島」、多彩な色糸を用いた「色大島」、白泥で染めた糸で織る「白大島」、薄く細い糸で織られた「夏大島」などがあります。

大島紬と本場大島紬には違いがある!

ポイントは大島紬と本場大島紬の違いです。

上記でもご説明したとおり、大島紬でよく出てくる本場大島紬は大島紬とは違い、大島紬の本場である奄美大島で生産されたものを本場奄美大島紬といい、特別印が貼ってあります。

これは、大島紬に人気がでた際、各地で大島紬が作られるようになったため、本場の大島紬には本場で生産された織物ということがわかるように、特別印を付けるようになったそうです。

なので本場大島紬は特に高く値段が付きそうです。大島紬と言ってもいろいろな種類があるので、注意が必要ですね。

本場大島紬の査定情報

では、本場大島紬の査定についてご紹介します。

高額買取のポイントは証紙などの印!

着物買取では、決して忘れてはいけないものがあります。

それは「証紙」といわれるもの。この証紙は着物が本物かどうか証明するもの。つまり、その着物の産地や品質を証明するものなのです。

本場大島紬は各地で作られているので、証紙の有無は高額査定に直接関わります。

売る時期も注意!

本場大島紬は、その種類によって全く異なる着物になります。
そのため、それぞれに合った時期に売るほうがベスト。着物の需要が季節によって変わるのです。つまり本場大島紬を売るのであれば、売る時期に注意するのがポイント。柄に合わせて売り時を変えるのです!

需要の高くなる季節の一例

具体的上記でご紹介した「白大島」という種類などは白地で涼しげな印象のものが多いため、早春から初夏に査定へ出すほうが需要も高い時期ということもあり、高値が付きやすいといえます。

このように、着物の需要は季節でも変わるのでポイントとして覚えて置きましょう!

本場大島紬の買取相場

では、本場大島紬の買取金額の相場について、調べた情報をご紹介しますので、参考にしてください。

買取金額の相場をおおまかでもでも知っておくと、安価で売ってしまったりするリスクが軽減されます。

本場大島紬の買取金額の相場は数十万円

状態の良い大島紬の買取相場価格は、約3万円が相場になっているようです。

紬のなかでも高級なこの大島紬は、多くの業者が買取対象品に挙げている織物です。検索してみると、大島紬という名前が検索結果でたくさん出ます。それだけ、この大島紬は需要が高い着物なのです。

そして、大島紬は産地によって違い、種類も豊富。訪問着、振り袖、留袖、小紋、袖、附下、アンティーク、帯、名古屋帯、袋帯、反物なども価値が高く、それぞれ売ることが可能です。

着物の状態が良い本場大島紬の買取相場となれば、数十万円と高値な買取となる可能性大!

でも、着物買取では査定してみないと価値はわかりません。
なぜなら、しっかりとプロに鑑定してもらわないと、どれくらいの価値があるのかがわからないからです。

着物買取の無料査定はバイセルがおすすめ

着物の価値を自分で調べるのは限界があります。なのでプロの鑑定士に見てもらうのが一番。
無料査定でおすすめなのはバイセルです。
まずは無料問い合わせで聞いて見ましょう!

コメント