留袖の買取相場は?高く売るポイント!

留袖 買取 相場

留袖があるけど、親族の結婚式に一度着ただけでずっと保管してる・・・という方も多いのではないでしょうか。
なおしっぱなしで着物が傷んでしまったらダメだから、どこかに高く売りたい!と考えている方もいるはず。
そこで今回は留袖の買取相場や高く売るポイントなどをご紹介します。

留袖とは?

そもそも留袖とはどんな着物かをまず説明しますね。

留袖は祝儀のためのフォーマルな着物です。
主に、既婚女性が着る着物で、色は黒が主流で、背中心、両胸、両外袖に紋があるものが一般的です。

お祝い用の着物という事もあり、裾の部分に豪華な刺繍や箔、手書き友禅が施されており金銀白色の袋帯や小物と合わせて着る事が多いです。

女性が18歳になった時、あるいは結婚した時、それはできていた振袖の長い袖を切って短くしました。これを『留袖』といい、かつては大人の女性が着るもの全般を指しました。

ですが、19世紀前半ごろ江戸時代に黒地に染め抜いた日向五つ紋の江戸褄(袖に模様がある着物)を既婚女性がお祝いの席で着るようになった習慣がはじまり、それから黒留袖というようになったのです。

留袖には黒留袖と色留袖の2種類があります。黒留袖と色留め袖を簡単に説明しますね。

黒留袖

主に結婚式や披露宴に出席する新郎新婦の母、仲人婦人、親族の既婚女性が着用します。
生地は黒で一越ちりめん(しぼの幅が小さいちりめん)を使う事が多く、紋も染め抜きの日向五つ紋と決められていますので、黒留袖には必ず白抜きの紋がついています。

色留袖

黒以外の色地の留袖です。基本的には黒留袖と同格ですが、その色合いから未婚の方でも着ることが出来るのが特徴です。
色留袖は五つ紋だけでなくら三つ紋、一つ紋の場合もあります。紋の数が減ると
準礼装になるので、格式のあるパーティやお茶会に向きになります。

留袖の買取相場は?

留袖を買取してもらう場合の相場についてまとめてみました。

需要の多さで価格が変動

色留袖は、結婚していない女性も着ることができるため、最近では、振袖よりも色留袖を選ぶ女性が増えています。また、30代~40代の既婚女性にも黒留袖よりも華やかに装えるので人気があり、需要のある品は高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。

今の女性は、身長が高くて手足が長い方が多いので、大きいサイズの着物の方が需要が高くなります。サイズが大きく、裄丈(ゆきたけ)と呼ばれる腕の長さがある程度ある色留袖は値が高くなります。

実際の留袖の買取価格は1,000円~50,000円以上

人間国宝、伝統工芸士、人気作家の作品などの着物は高値が付きますが、一般的な留袖、色留袖の買取の相場は、1,000円~60,000円とさまざまです。

なお、着物買取専門店は、得意分野を持っていたり高額な価格で買い取ってもらえる場合もあるので、工芸品や人間国宝ものでなくても、思いもかけない高値が付くこともあります。

買取価格の具体例は、黒留袖・色留袖それぞれ下記のようになります。

黒留袖

押田正義(本加賀友禅作家)900,000 本加賀友禅黒留袖が50,000円~
東藤岳(加賀友禅伝統工芸士)800,000 本加賀友禅黒留袖が40,000円~

色留袖

合田峰太郎(京繍作家)80,000 総京刺繍色留袖が30,000円~
蒋雪英作(中国の人間名誉国宝)760,000 総相良刺繍色留袖が30,000円~

 

留袖を高値で売るポイント

高値で買取りされる黒留袖は、やはり傷や汚れのない状態のものです。
特に絹を素材として使われているものは水に弱いので、雨や汗などに十分注意するようにしましょう。
また、他の着物や帯、和装小物と合わせて買取り査定に出すと良いですよ。
黒留袖を高値で売るなら着物買取り専門店の無料査定を利用してみましょう。

留袖の買取相場 まとめ

着物は仕立てる工程があるので、まったく同じ着物は存在せず「留袖」といって例え同じ種類の着物であっても、様々な理由や条件によって査定した場合の値段は大きく変わります。

着物買取専門店の査定は、プロが査定するので実際に見てもらうのが一番です。、簡単な手続きで無料査定してもらえますし、一点からでも査定してもらえるので、まずは無料問い合わせして聞いて見ましょう。

コメント