江戸小紋 買取 相場

江戸小紋 買取 相場
200803241445000

江戸小紋を高く売りたい場合にどこで売るのがよいか、またポイントは?そして買取相場はいくらなのかについてまとめました。

江戸小紋とは

江戸小紋(えどこもん)とは、江戸時代に発展した染色技術を用いた、非常に細やかな柄の着物です。

江戸小紋は、遠目には無地に見えるほど非常に細かい柄や模様が特徴で、代表的な柄に文字どおりその肌のように見える「鮫」、規則的に正方形の柄が並んだ「角通し」、霞模様を斜めに並べた「行儀」などが有名です。

そして、江戸小紋は小紋染めという技法を用い、江戸時代に武家の裃(かみしも)の染め模様として隆盛し日本全国で代表的な染色技法の一つとなりました。

細かな単位模様を一面に配して一色に染めるところに特色があります。

明治以後、一般の着物の柄としても広く普及し、技法にはもち米粉を主剤にした防染糊づくり、型紙を用いた型付け、色調の表現などに高い技術が用いられています。

それ自体は日本の型染の基本的な技法でもありますが、同時にその染めはすぐれた工芸美として高い評価を受けていることから、査定時にも状態が良いきものであれば高価買取に繋がっています。

江戸小紋を高く買い取ってもらえる種類は?

江戸小紋は礼装には用いられないため、買取価格はやや低め。
ですがもちろん、高く買い取ってもらえる種類もあります。
いったい、どんな着物が高く売れるのでしょうか。

「定め小紋」

江戸小紋には大名家由来の「定め小紋」と、町人の間で生まれた「いわれ小紋」があります。
そのうち買取価格が高いのは、「定め小紋」のもの。
フォーマルな場で着られるほど格式が高いため、買取価格は高くなります。
特に高値で売れるのは、次の「江戸小紋三役」です。

江戸小紋の代表格。
紀州徳川家で使われていた柄です。
鮫肌のように、細かい点がビッシリ並んでいるのが特徴。
なかでも点が細かい「極鮫」は、買取価格最上位。
江戸小紋は柄が細かいほどランクが上がるため、「極鮫」は高値で売れるんです。
「鮫」が高値で売れる理由は、それだけではありません。
「厄除け・魔除けになる」「動くたびに点が輝いて見える」という点でも人気が高く、高値で売れます。

通し(角通し)

信濃戸田家の定め小紋。
細かい正方形が並んだ模様で、「和風ギンガムチェック」といったところ。
縦にも横にも「筋を通す」という意味がこめられており、凛とした印象が魅力です。
なかでも、正方形が小さい「極通し」ならランクアップ。
「鮫」と同様、柄が細かければ細かいほど買取価格は上がります。

行儀

仙台藩・伊達家の定め小紋。
細かい点が、45度の角度で配列されています。
「行儀」という名からわかるように、「礼を尽くす」という意味がこめられています。
よって、「行儀」は略礼装として喜ばれる江戸小紋。
柄が細かい「極行儀」なら、買取価格は高くなります。
以上が「高く売れる江戸小紋柄トップ3」ですが、他の「定め小紋」も高値で売れます。

大小あられ

島津藩の定め小紋。
天から降ったあられが、地面から飛び跳ねる様を描いたものです。
大河ドラマ「天璋院篤姫」でも、島津斉彬を演じる高橋英樹さんが「大小あられ」の裃を着用。
歴史ドラマファンの間で人気なので、買取価格が高めです。

縞(筋)

いわゆるストライプ柄。
格式のある柄ながら、シャープで洗練された印象で、江戸の庶民にも大ヒット。
着回しが良いため人気が根強く、高値で売れます。
特に縞が細かい「万筋」は格が高く、買取価格も高めです。

正絹のもの

江戸小紋は普段使いしやすいため、様々な素材で作られています。
何と「自宅で洗えるポリエステルの江戸小紋」といった商品も。
でも買取価格が高いのは、やはり正絹。
肌ざわり・模様の美しさ・光沢など全ての面で優れているため、高値で売れます。

有名作家のもの

どんな着物にも共通しているのが「有名作家ものは高い」ということ。
江戸小紋では、小宮康孝や中村勇二郎(ともに人間国宝)、江戸小紋師・藍田正雄の作品などが非常に高値。
10万円以上で売れることも少なくありません。

サイズが大きいもの

着回しが良い江戸小紋、多くの女性に人気。
そこで問題となってくるのが「サイズ」です。
最近の女性は背が高いので、小さい着物は人気薄。
大きいサイズのほうが需要がはるかに高いため、買取価格も高くなります。

江戸小紋の買取をしてくれるのはどこ?

着ていない江戸小紋や、譲り受けたけど好みではなくタンスにしまいっぱなしになっている江戸小紋は保管に手間がかかるだけです。今後も着る予定がない江戸小紋を少しでも高く売りたい場合にどこで売るとよいかについてまとめてみました。

ネットオークション

オークションは、写真を何枚も撮ったり詳細な説明が必要となり、ある程度の着物の知識がないと質問に答えることが難しいです。江戸小紋は模様がどのくらい細かいかで価値が決まりますが、落札された後で思ったより柄が大きかった、イメージしていた色目と違うなどトラブルの原因となることもあります。

リサイクルショップ

江戸小紋は小紋の中でも格が高く、価格の差は模様の細かさに「彫り」と「染め」の難易度の高さによりますが、リサイクルショップでは着物の専門家がいないことが多く、高価な江戸小紋の違いがわからず買い取ってもらえなかったり、安い値段がついてしまいます。

インターネットで申し込める着物買取専門店

ネットで申し込める着物買取専門店は、公式ホームページから無料査定を申し込むだけで、すべて無料で自宅に査定に来てくれたり、着物を送って査定を受けられるので便利でお得です。
着物買取専門店なので、着物のプロが、すばやく見極めてくれ、古い着物でも驚くような高値が付くことがあります。

江戸小紋の買取相場

譲り受けたけれどサイズが合わない、引越しをするから処分したいなど江戸小紋を買取してもらう場合の相場についてまとめてみました。

保管状況が重要

江戸小紋は白目がありますが、保管状況が悪く黄ばんでいては価値が下がります。衿や袖口、裾はとくに汚れやすいのですが、気が付かずにそのままタンスにしまい込んでいると脱色や変色の原因となってしまうので保管する前にチェックしましょう。

実際の買取価格は800円~50,000円以上

江戸小紋は年齢、ミス、ミセスを問わず長く着られるうえ、フォーマルからカジュアルな場所に着て行けるので大変重宝し需要があります。サイズの大きいもので未使用のものや模様が細かいものは高値が付きます。人間国宝の作品などは証紙があると専門店によっては思った以上の価格で買い取ってもらえます。

無名の江戸小紋は保存の状態にもよりますが800円から5,000円です。

江戸小紋の買取例は、たとえば下記のようになります。

800,000円の正絹 (江戸小紋師 /藍田正雄)武田菱模様江戸小紋 50,000円~
500,000円の正絹(伊勢型紙:人間国宝/染色:浅野栄一)玉縞江戸小紋 30,000円~
200,000の正絹(人間国宝/小宮康孝)鮫文様江戸小紋 15,000円~

江戸小紋 買取 相場 まとめ

今回は江戸小紋の買取相場についてご紹介しました。

WEBで申し込める買取専門店は、出張費や郵送査定が無料で、着物に精通した査定員に査定してもらえます。しかも、価格に納得がいかない場合はキャンセル料がかからないので安心して申し込めます。

江戸小紋はちょっとしたお出かけにカジュアルに使えるため、人気がある商品です。
無料査定もしてもらえるので、ためらうことなく業者に依頼しましょう。

コメント