帯の種類

着物 種類

着物や帯を高く売りたいなら、最低限の知識を身に付けておくと、査定依頼時に業者とのコミュニケーションもスムーズだし、高価買取も実現できます、今回は一般的な帯の基礎知識を簡単にご紹介します。

帯の種類

室町時代から発展してきた帯は、時代とともに変化し、現代のような形になりました。こちらでは、現在主に使用されている5種類の帯をご紹介します。
帯の名称や使い分けは、帯幅や製作方法、ときには素材や用途によってことなります。

袋帯(もっとも一般的なフォーマル帯)

丸帯に変わって、明治時代以降に考案された袋帯は、以来、正装用の帯をして用いられてきました。袋状に織られていたことから、袋帯を名づけられましたが、現在では表地を裏地を別々に織って、両端をかがったものが多くなりました。かがって作られた帯を「縫い袋帯」、袋状に織られた帯を「本袋帯」と区別して呼ぶこともあります。

袋帯は、一般的に、幅役8寸2分(約31センチ)、長さ1丈1尺(約4メートル20センチ)以上で織られています。この長さがあることで、二重太鼓や変わり結びができます。
袋帯は金糸銀糸を用いた正装用のほか、金銀を使わず色糸だけで織り出した物もあり、こちらは洒落袋帯と呼びます。

丸帯

幅広に織った帯地を仕立てて、表裏が同じ織り柄になる豪華な帯。始まりは江戸中期で、当時は大きくなった髪型とバランスをとるために帯幅が広くなり、帯結びもおおきくなった。今では希少価値になり、主に花嫁衣裳や舞妓のだらり結びようの帯に用いられる。

名古屋帯(利用範囲の広い洒落着用の帯)

大正時代に考案されて以来、もっとも女性に親しまれてきた帯です。仕立てる前の幅が9寸(約34センチ)なので、九寸帯、または九寸名古屋ともよばれます。
大正時代に、名古屋の女学校の創始者が、日常に締めていて商品化されたものなので、この名がつきました。
仕立てる前の長さは、1丈2尺2寸(約4メートル63センチ)程度あります。反物のように丸巻きの状態で販売されており、たれ先を1メートルほど折り返してお太鼓にし、残りの部分(て先から胴二巻き分)を半分に折り、帯芯を入れて仕立てるのが「名古屋仕立て」と呼ばれる、一般的な仕立て方です。
名古屋帯も金糸銀糸や箔を使っているものは、付け下げや色無地などのセミフォーマルに、それ以外の染めや織り帯は、紬や小紋などの洒落着に合わせます。

袋名古屋帯(芯なしでかがるだけの手軽な帯)

袋名古屋帯には、いくつもの名称があり、八寸帯、八寸名古屋帯、かがり帯などと呼ばれます。名古屋帯と同じように、仕立てをする前の帯は丸巻きで販売されていますが、綴織、紬、博多織など地厚の織り帯なので、仕立てるときには、帯芯を使いません。
「袋」という言葉がついていますが、袋帯と名古屋帯の良い所をとったという意味で、袋名古屋帯は袋状にはなっていません。一枚仕立て(単衣)の帯です。
昭和初期に考案され、軽さと締めやすさで人気になり、普及しました。

半幅帯(帯結びが楽に出来る幅の狭い帯)

帯幅は時代とともに変化してきました。十二単に用いられたのは、2寸幅(約7.6センチ)ですが、能装束の帯幅は3寸(約11.4センチ)、桃山時代から江戸中期に流行した名護屋帯は丸打ちの組紐です。江戸中期から次第に広くなり、明治には8寸幅が主流になりました。
一般的に8寸幅以下の帯を細帯や半幅帯といいます。幅の狭い帯のことですが、帯幅は半幅帯と呼ばれる4寸幅(約14.2センチ)のほか、6寸(約22.8センチ)や3寸幅などもあります。こうした帯は、帯の素材によって、浴衣から小紋、紬などにも締められます。さらに、錦織や、緞子、唐織などの豪華なものは、訪問着や色無地に合わせて、パーティにおすすめです。

兵児帯(一枚の布のような気軽な帯)

もっとも手軽に結べる帯が、一枚の布のような兵児帯です。もともと男性や子供の普段着に締める帯で、柔らかい布の両端をかがっただけです。
最近は浴衣の帯として注目されており、素材も様々です。張りのある素材の兵児帯は、帯幅を半分に折ってから用いると楽に扱えます。帯結びは、男女とも片わな結びや諸わな結び(蝶結び、リボン結び)にするのが一般的です。

帯の種類 まとめ

今回は帯の種類についてまとめてみました。
帯は着物を着る上で必要アイテム。なので需要の高い帯も多いのです。
帯の種類をしり、高価買取のコツをおさえて無料査定してもらうのがおすすめです。

コメント